8月

こないだの土曜に、後藤友香さんの個展を観てきました。

暗示的で謎めいた作品を前にして、ついつい「これってどういうことなんですか?」などと、あれこれ質問をしたりしてしまったのですが、後藤さんは「うーん、わかんないですね」というかんじで、前も思ったけど、後藤さんはやっぱりイタコなのだ…と思いました。

↑  DMになっていた絵。人物やアイテムがひとつひとつ愛らしく意味ありげであります。

気になる老夫婦…。

展示は、ヒロマートギャラリーで9/11までです。



その日は小口さんともうひとつ、板橋区立美術館でやっている「ボローニャ国際絵本原画展」も観てきました。作品名のところに、使用した画材も書いてあるのですが、けっこうデジタルで描かれたものが多かったです。でもデジ絵っていっても、あからさまにそんな感じではなくて、ぬくもりや素材感のあるような、いわれなければデジ絵とわからないようなかんじでした。いったいどんなソフトでどうやって描いているんだろうか…と思いました。

チケットが、飛び出す絵本みたいになっていてかわいいです。

0コメント

  • 1000 / 1000