「ガムのようせい」

川崎タカオさんの絵本「ガムのようせい」の原画展をみてきました。

パステルで丁寧に塗りこまれた絵は、ぬくもりがあって、みるとホワーっとなります。でもただホワーっとしてるだけじゃなくて、ガムはガムの、ビールはビールの、犬は犬の質感になってて、ここここれが、誠実なプロの仕事なのですね…と思いました。あと、カラフルで、いろんな生物もでてきて、楽しいです。

↑ こういう道具で塗り込めるらしいです。

ラフなども展示されていました。



展示はビリケンギャラリーで、9/14(水)までだそうです!

青林工藝舎犬、らっちゃんの絵もあった!

0コメント

  • 1000 / 1000