電話にて

電話で自分の名前を名乗るとき、なぜかたいてい

「筒井です」

「あ、…えーと、すみません、もう一度お願いできますか?」

「筒井です」

「…あ、すみませんちょっと聞き取りづらくて…」

「あ、すみません、つ、つ、い、です」

「…◯◯◯さん?」
「いえ、つついです」
「…△△△さん?」

「いえ、あの、たちつてとの、つついです」

「ああ、つついさんですね!」

みたいな感じになってしまう。
◯◯◯や△△△は、なにかこちらも聞き取れないような名字を言われる。(でも、テンパっているのでよく覚えていない)

どうすれば聞き取りやすくなるのか…「tsu tsu i」の、「ts」の部分が強くなりすぎているのだろうか?もっと「u」の部分に重きを置いたほうがいいのかもしれない…と思って、電話口で


「つうつういです」

と、ほんのり「u」の音を強調してみたこともあった。
すると

「うついさんですね」

と、なってしまう。難しい…。

私より「筒井歴」の長いダンナに、このようなことがあるかと聞いてみたところ、


「よくある」

と言っていた。

でも、ダンナの話し声は常に、超絶怒涛の小ささなので、そちらが原因な気もする。


次の機会があったら

「とぅとぅい」


を試してみたい。



2コメント

  • 1000 / 1000

  • 221hiromi

    2017.03.17 10:04

    @磋藤にゅすけブハッ!たしかに「にゅすけ」は伝わらなさそうですね…。 「にゅすけ」って言葉があるって、思わないですもんね。 でも「磋藤煮付け」ってのもカッコ良いと思います。
  • 磋藤にゅすけ

    2017.03.16 07:54

    私も電話で「磋藤にゅすけ」の「にゅすけ」が伝わりません。 最終的に「磋藤煮付け」と伝わってしまったので、 もう甘んじて受け入れました。